ランプベルジェ日本正規代理店

アロマオイル、アロマランプのDCHL JAPAN

LAMPE BERGER PARIS

100年を超えて愛され続ける、伝統の香りと品質をフランスから

  • ヘッダー
  • 新しい一年のはじまりには、どんな香りがいいでしょうか。
    自分を鼓舞する、やる気を起こさせるもの。
    また、じっくり一年の計をたてるための落ち着きを与える香りもいいですね。
    2017年、香りを味方に好スタートを切りましょう!


  • 普段あまり焚かない香り、または苦手な香りを活用してみるというのはどうでしょう? 例えば、柑橘系やフローラル系は好きだけどスパイシー系やオリエンタル系の香りがちょっと苦手…という方であれば、柑橘系やミント、青リンゴなどの香りと一緒にダブル焚きすると良いでしょう。爽やかな香りに重みやインパクトが加わり、オリジナル的な香りを感じることができると思います。


  • 香りを入れ替えるときにはPBスティックも一緒に交換するのがベストですが、使用していたスティックを継続しても特に問題はありません。使っていて少し香りが薄いかな…感じたときには、新しいスティックと交換するようにしましょう。また、スティックの上下をひっくり返す、スティックの本数を増やすことにより、香りがよみがえることがありますので一度お試しください。


  • パフュームオイルの主成分(約90%)は可燃性物質です。また、燃焼時には芯の周りはかなり高い温度になりますので、走行中に車中でランプが倒れるなど、予想外の事故になる恐れを避けるためにもランプの使用は禁止しております。ドライブなど走行時に香りを楽しみたいときには、イージーセントCARやパフュームベルジェなど火を使わないディフューザーを使用しましょう。


  • 低温低湿の外気や室内の暖房による乾燥が気になる冬には、フレッシュで瑞々しい、爽快感を与えてくれる香りが良いでしょう。おススメは、絞りたてのフレッシュな柑橘類を連想させるレモンフラワーグレープフルーツ、朝露に濡れたフレッシュな香りトマトリーブス、苦みのあるグリーンな香りのシトラスリーブスです。フレッシュな香りに癒され、気持ちよく過ごせるでしょう。


  • 希望も新たに迎えた新年、よりパワフルにスタートしたいという方には、春を象徴する温かなさくらの香り、幸福感に溢れる華やかな雰囲気を演出してくれるセンシャルブーケシーラ ローズ、清々しいヴァーベナの香り、ロマンチックなパリの雰囲気をイメージしたパリ・シックの香りがおススメです。香りを選んで、旧年の溜まったストレスや嫌なことを全て忘れて気持ちよく新しい年を迎えましょう。

ページトップへ戻る