ランプベルジェ日本正規代理店

アロマオイル、アロマランプのDCHL JAPAN

LAMPE BERGER PARIS

100年を超えて愛され続ける、伝統の香りと品質をフランスから

ログイン

オンラインショップ

  • ヘッダー
  • 5月は新年度からのストレスが出てきやすい季節です
    仕事や学校が始まる前にしっかり疲れをとっておきたいですね
    そんなときにもオススメなのがランプ・ベルジェの香り
    アロマの癒やしで、ゆったりとリラックスできる時間を作ってみましょう


  • 一般的に樹木系の香りと相性が良いと言われているハーブ系の香り、または同じ樹木系の香りと一緒に焚いてみてはいかがでしょう? ハーブ系の癒しの香りラベンダーや従来のミントにフレッシュさをプラスしたフレッシュミント、レモンの爽やかな香りが心地よいレモンフラワ-ヴァーベナなどと一緒に焚けば、ユーカリの香りを和らげてくれるでしょう。


  • ガラス、陶器に限らず、ランプを使用する前にオイルの消費量をきちんと把握しておきましょう。お部屋の環境による多少の誤差はありますが、オイルは1時間で約25ml消費されます。お持ちのランプの内容量から消費時間を計算し、タイマーを使うと、空焚きを未然に防ぐことができます。また、陶器のランプは外からオイルの残量を見ることができませんので、オイルの入れる量を少し多めにすると良いでしょう。


  • ランプ・ベルジェのパフュームオイルは、一般的に人や人が住み空間のためのルーム用芳香製品であり、ペット専用製品ではございません。また、アロマ製品においてペットのストレス対策に関する資料もありませんので正確な解答はできかねますが、一般的にはラベンダーやレモンの香りが良いと言われています。気になるペットのフン尿のにおい対策に、これらオイルを活用なさってみてはいかがでしょうか?


  • 香りのピラミッドとは、時間とともに香りの変化を表現するものであり、ピラミッドの構造は上からトップノート、ミドルノート、そしてラストノートと3段階の構造になっています。この中で、ランプの燃焼後に部屋に残る香りはラストノートを指します。強い香りではありませんが、持続性、粘りのある香りで、長い時間芳香効果を支えるのがラストノートの香りです。


  • おススメの香りは”精神力のもと”と言われているシダーウッドやクリアなユーカリ、癒しのラベンダー、フレッシュなレモンフラワー。アロマの世界で”静寂の精油”とも言われているベチバー抗菌オイルもおススメです。また、消臭に限らず、お部屋に良い香り(空気)を漂せるのは、消極的なエネルギーを浄化するための手っ取り早い方法とも言われることがあるそうです。

ページトップへ戻る