ランプベルジェ日本正規代理店

アロマオイル、アロマランプのDCHL JAPAN

LAMPE BERGER PARIS

100年を超えて愛され続ける、伝統の香りと品質をフランスから

ログイン

オンラインショップ

運営規定

会員の権利と義務

ご覧になりたい項目を選択してください。

4.組織

会員は、第三者を推薦し、DCHLの会員登録審査を受けさせ、DCHL事業に従事させることができます。ただし、個人でDCHL事業に加入した者の会員権は、その本人のみに帰属するものとし、第三者と共同して加入することはできません。

推薦者は、被推薦者に対してDCHLならびにDCHLのビジネスに関する各種規定について、虚偽・欺瞞などにより被推薦者に誤解されることなく、正確かつ詳細に、次のことを説明しなければなりません。

(1)会員の権利と義務について。

(2)組織と事業計画について。

(3)製品の種類、価格、使用方法、品質およびその保証について。

(4)獲得できる賞与および利益について。

(5)会員権を解除または中止する場合の権利について。

(6)運営規程について。

推薦者と被推薦者は、アップラインとダウンラインの関係を有するものとし、アップライン会員はダウンライン会員に対して、教育や激励の責務があり、ダウンライン会員のビジネス拡大に最大の協力をしなければなりません。また、ダウンライン会員が関連法規ならびにDCHLの定める各種規程を遵守するよう指導監督する義務を負うものとします。

アップライン会員は、より高いPVの獲得やランクアップまたはその他の目的のために、ダウンライン会員のPVや組織を勝手に使用、調整することはできません。

個人情報保護法に基づき、会員同士による資料の照会は、アップラインがダウンラインに対する自己の組織の業績照会に限るものとします。ただし、DCHLは氏名と会員番号のみを提供するものとし、その他の資料は照会された本人の同意がない場合は知らせることができないものとします。ただし、直ダウンラインはこの限りではありません(個人情報利用承諾書を参照)。

二人の会員が結婚した場合、従来の体系をそれぞれ維持することができます。または、DCHLに一方の退会を申請することができます。ただし、中止された方の組織は、当該会員の推薦者に帰属するものとし、移動することはできません。

二人の会員が離婚し、離婚により一方が退会した場合、Ⅵ-③.2再入会の規定の拘束を受けず、いつでも再入会の申請ができるものとします。ただし、退会前の組織体系およびランクに戻ることはできません。

会員が死亡、または行為能力を喪失した場合、その会員がマーキスランク以上の場合に限り、法的相続人(子のうち一人)が、その会員権を世襲することができます。相続人が相続できるものは賞金のみとします。その他、資格および様々な奨励などの世襲は認めないものとします。ただし、活動状況をDCHLが確認し、前任者と同等の責務を負えると判断した場合は、すべての世襲を認めるものとします。尚、DCHLは、引継者が会員の資格を履行できないと判断した場合、その申請許可を取り消すことができるものとします。申請には、次の手続きが必要となります。

(1)法定相続人(子のうち一人)は、被相続者が死亡、または行為能力を喪失したと判断された日より速やかに関連書類を添え、DCHLに世襲の申請を行い、認可を受けてから、正式に会員権の効力を有するものとします。尚、手続きを行わなかった場合は、その権利を放棄したものとみなします。

(2)DCHLは、会員権の世襲に関する申請に対して許可するか否かの裁量権を留保し、許可する場合はその許可日を、申請受理日より30日以内に引継者に書面にて通知するものとします。ただし、申請許可後に申請の内容に偽りがあった場合、また運営規程の違反が認められた場合、DCHLはその申請許可を取り消すことができるものとします。

カウント以下の会員が死亡、または行為能力喪失した場合、DCHLは当該会員の会員権を中止するものとし、会員権の世襲はできません。その場合、代理人が退会申請書と関連書類をDCHLに提出し、退会手続きを行うものとします。

入会後に推薦者の変更はできません。また、ダウンラインを含めた組織全体の移動もできないものとします。ただし、退会を条件にⅥ-③.2.の項目に従って再入会することができます。

現在他のライン・地位にあるディストリビューターに対して、自分のダウンラインに加わるよう交渉したり、その地位を離れるよう説得することはできません。

会員の権利と義務ナビゲーションに戻る

運営規定インデックスに戻る

ページトップへ戻る